読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Let's noteにLinuxを導入する!(中古PC購入編)

Let's note Linux mint

普段カメラ系の記事を書いている文系エンジニアのyasuです。

本記事も当初カメラ記事にて掲載していましたが、さすがに色が違うだろうということで今回新規ブログを解説し、引っ越しました。

 


 

 

久しぶりの投稿です。yasuです。
お久しぶりなのにも関わらず写真の記事じゃなくて本当にすみません。

 

でも言い訳はあるんだ。聞いてくれ。
もともとこのブログは写真専用というわけではなくて、カメラから始まってわりとガジェット系にも触れていくようなブログにするというコンセプトがあったんですよ。
だからいいのです(・∀・)


・・・真面目な話、ブログ名が「カメラ持って東京散歩!」だからどっかのタイミングで変えなきゃな〜とは思ってる。

 

さて本題。
表題にもあるとおり、『Panasonicのビジネス用(?)ノートパソコン「Let's note」にLinuxを入れた!』というお話。
当ブログは基本的にフィーリングを大事にしているブログですので、今回も詳しいインストール方法などは一切触れず、ゆる〜い感じで書いていきますよ。

 

で、どん!

 

f:id:AddyPlusy:20160724212307j:plain

 

こちらが秋葉原で中古購入してきた新たな相棒「Let's note CF-S10」です。

友人を連れ回して秋葉原中の中古PC屋を回りに回ったので良いPCに巡りあうことができた。

 

Let's noteとは??

f:id:AddyPlusy:20160724214448j:plain

Let's note とはPanasonicの提供する大変メジャーなシリーズ。でもビジネスシーンでの利用が多いので案外知らない人も多いかもしれない。
かくいう私は量販店のPCコーナーに行くまではそんなモデルがあることを全く知らなかった。
ていうか、たぶん今どきの文系若者(つまり筆者)は、パソコンといえばMacbookシリーズというところがあるので、Lets noteなんてスルーもいいところだろう。

 

圧倒的な堅牢性!ボンネット構造による耐衝撃!ビジネスシーンを想定した無骨なデザイン!長時間使用を想定した駆動時間!
持ち運びに便利なコンパクトサイズ!あらゆるシーンで困らない豊富な端子接続部分!拡張が容易なメモリ周り!

 

これが自慢のシリーズ、それがPanasonicのLet's noteなのです(^^ゞ

もっと簡単に言うと、
「高スペックであらゆる使い方で困ることのない完璧に近い性能を誇る代わりに、デザインが終わってるPC」
というのが世間のほとんどの人の評価だろう。

ただ、これをスーツ姿で使っている場合に限り、「できるビジネスマン」という大変名誉なレッテルをはられることができる。
筆者、会社へは私服出勤なので関係無かった(・∀・)

 

f:id:AddyPlusy:20160724215458j:plain


でも筆者はこのデザインが気に入って、Let's noteがほしい、Let's noteがほしい。
とうわ言のようにつぶやきながらこの一年ほどを過ごしておりました(笑)

 

このデザインを気に入っている理由は・・・

ガンダムに出てくるエンジニアがわりとこういうPCを使っている

ガンダム試作1号機とか、陸戦型ガンダムとか、ジムカスタムとか、ガンダム好きでこのPC嫌いな人ってむしろなんなの??

f:id:AddyPlusy:20160724220812j:plain

・バックトゥザフューチャーのデロリアンのような雰囲気

f:id:AddyPlusy:20160724220939j:plain

・などなど。あげたらきりがない。

 

基本的に、無骨なデザインが好きな人なら、Let's noteはクリーンヒットだと思う。

カメラブログ的に言えば、
スタイリッシュな最近のカメラよりも、無骨なやつのほうが好きは人はLet's noteも好きだと思う(適当


あとは、「ブラッディマンデイ」という、ファルコンというコードネームを持つ天才ハッカー高校生の活躍する漫画があるんですけど、
それの主人公がLet's noteを使ってたんですよね。

f:id:AddyPlusy:20160724223430j:plain

秋葉原で中古PCめぐり

やはり秋葉原はいいですね。
高校生の時はアニメ系目的でよく通っていましたが、現在はガジェット目的で秋葉原を歩くようになりました。
そういう視点で行くと、やっぱりここは電気街なんだなぁと思う次第であります。
中古のPCを見て回るには秋葉原以外にはないですね。たぶん8店舗ぐらいを1時間くらいで観て回ったんじゃないかなぁ。


やっぱりMacbookはカッコいいなぁ。とか、vaioのデザインやばいなぁとか。
色々誘惑はありましたが、基本的にはlet's noteを中心に散策。
結構お値段がピンきりで、やっぱり新しいモデルなんかは20万近くは中古でも平気でしてましたね。

私が狙っているのは「高スペックなのに安い」やつ。
普通ならこんなオーダーは矛盾をはらんでいて叶わないのだが、ことLet'sなら叶う可能性がある。
ビジネスマンがよく使うだけあって、法人向けに売られていることが多いモデルなので、
割と高性能なものが、かなり安く売られていたりする。
さらに、デザインが「ダサい」ことも手伝って基本的に安い。

その逆を行くのがAppleMacbookシリーズじゃないかな。
あれ、全く値下がりしないもんね。


そんなこんなで出会ってしまった。
高スペックなのに安いLet's noteに。

秋葉原の老舗(?)とも言えるちょっと怪しげなお店にあったので、出会ったはいいものの踏ん切りがつかない。
シュタインズゲートとか見たことある人ならわかるかもしれないけど、まさに秋葉原!って感じのお店。
まるで八百屋のような店なのにおいてるのはPC。鮮度抜群そう。


そこで買うことに決めた理由は、人の出入りが多かったことと、普通のおじさんと子連れの人が先にPC買っていったこと。
それに、店主とお客さんが「お!お久しぶりです」みたいな会話していて常連さんが多そうだったこと。
常連のいるお店はいいお店だよね。
なんとなく、店全体から愛を感じたので、置いてる商品もなんとなく質、というか目が行き届いているだろうと。

一応お昼をはさんで付き合ってもらっていた友人とああだこうだと会話して購入することに決定。
めでたくLinux用PCとして選ばれたのでした。

(次回につづく。。)

twitter.com